【味噌の日】枝豆と豆乳のすり流し味噌汁

枝豆と大豆、大豆を原料に発酵させた味噌を合わせて、畑の肉といわれる大豆の栄養分をひとまとめに味噌汁にしました。

すり流しにすることで風味が良く、冷たくしても美味しくいただけます。湿気の多い暑い日にも、するするっと飲めるスープ仕立ての味噌汁を、ぜひ味わってみてください。

【味噌の日】枝豆と豆乳のすり流し味噌汁

材料

4人分 
 
枝豆または冷凍枝豆(中身)...
100g(さや付きの枝豆、約200~250g)
水(枝豆を茹でる用)...
1,000cc
豆乳(無調整)...
300cc
水(だし用)...
500cc
◾️酢重だし 濃口...
2袋
◾️白こがね味噌...
40~50g
茹でた枝豆...
適宜

作り方

  1. 1. 鍋に水を入れ、沸騰したら洗った枝豆を加えて4分煮て冷ましておく。(冷凍枝豆は表記通りに戻す)

    2. 1の枝豆の皮をむいておく。(指でつるッと簡単にむけます)

    3. 鍋に水と「酢重だし 濃口」を入れ、強火で沸騰させてから中火にして3分煮る。だし袋は穴開きお玉などを使い、箸で押さえて汁気を切ってから取り出しておく。

    4. 2と豆乳をミキサーなどで攪拌(かくはん)してなめらかにする。

    5. 3に4を加えて火を点け、中火の弱火で表面の泡を取りながら煮て、沸騰前に火を止める。

    6. 5に「白こがね味噌」を溶き入れてお椀に注ぎ、お好みで茹でた枝豆を加える。

    ※ 冷凍枝豆を使う場合は、枝豆の塩味をみながら味噌の量を調整してください。
    ※ ひと手間ですが、枝豆の皮をむくことで、味、色がとても良くなります。
    ※ 冷たくしても美味しくいただけます。