【味噌の日】豆腐とアサリのスンドゥブ風味噌汁

韓国語で純豆腐の意味を持つスンドゥブは、海鮮の旨味と豆腐の食感が楽しめる辛いスープ料理です。アサリ、寄せ豆腐に肉、野菜、キムチを加え、酢重の商品だけで味付けしました。

キノコ類を入れなくても「酢重だし 濃口」にブレンドされた干しシイタケが旨味を効かせ、山椒とゆずの香りが特徴の「生七味」で辛みを、ごまとクルミが練り込まれた濃厚な甘味がいい「田楽みそ」に、2種類の味噌で本格的なスンドゥブが出来上がりました。味噌汁椀には丁度いい、うずらの卵を添えてお召し上がりください。〆は熱々のご飯を入れて、最後の一滴まで食べ尽くすことをおすすめします!

【味噌の日】豆腐とアサリのスンドゥブ風味噌汁

材料

4人分 
 
アサリ...
200g
おぼろ豆腐 または 寄せ豆腐(なければ絹豆腐)...
300g~350g
豚バラ薄切り肉...
100g
塩...
2g
生姜...
4g
酒...
大さじ1
サラダ柚...
大さじ1
長ねぎ...
60g(青い部分も含む)
白菜キムチ...
120g
水...
900cc
▪ 酢重だし 濃口...
2袋
▪ 甘大豆味噌...
30g
▪ 二年熟成味噌...
20g
▪ 生七味...
6g
▪ 田楽みそ...
8g
うずらの卵...
4個

作り方

  1. 1. アサリは予め殻同士をこすり合わせて洗い、水の3%の塩で30分程砂抜きしておく。豆腐は水切りしておく。(調理時間外)

    2. 豚肉は食べやすい長さに切ってボウルに入れ、塩、生姜、酒を加えてよくもみ込む。

    3. 長ねぎは斜め切りにする。キムチはざく切りにする。

    4. 鍋に水と「酢重だし 濃口」を入れ、強火で沸騰させてから中火にして3分煮る。だし袋は穴開きお玉などを使い、箸で押さえて汁気を切ってから取り出
    しておく。

    5. ボウルに「甘大豆味噌」、「二年熟成味噌」、「生七味」、「田楽みそ」 を入れておく。

    6. 鍋にサラダ湯を入れ、2、キムチを加えてキムチの汁気がなくなるまでよく炒める。

    7. 6に4を入れて沸騰させ、水気を切った1、長ねぎを入れ、5を溶き入れる。アサリの口が開き、長ねぎに火が通るまで1分煮る。

    8. 7をお椀に注ぎ、うずらの卵を添える。

    ※ アサリの砂抜き : 200gのアサリに対して400ccの水を入れ、12gの塩を加えた塩水で砂抜きする。(陽の当たらない場所が効果的)

    ※ アサリ、キムチの塩味が一定的でないため、薄い場合は塩で調整してください。

    (調理時間:約25分)