【味噌の日】春の食材と合わせ味噌で作る「シラスと菜花の味噌汁」

2022.02.25

毎月30日は「味噌の日」です。

三十日が【みそか】と読まれることから、全国味噌工業協同組合連合会が毎月30日を「味噌の日」と定めました。

酢重正之商店では、レシピ開発担当の女将が、旬の食材を使った味噌汁を毎月30日にご紹介しています。

 

春の食材と合わせ味噌で作る「シラスと菜花の味噌汁」

シラスと菜花の味噌汁

春のシラスが美味しい時期になりました。旬の菜花と合わせて「シラスと菜花の味噌汁」をご紹介いたします。

 

シラスはカタクチイワシや真イワシの稚魚で、カルシウムやたんぱく質が豊富な上、旨味が詰まっているので味噌汁にすると美味しさがよく感じられます。

また、いい出汁の出る菜花は春らしいだけではなく、シラスの味を損なわないので、シラスとの相性がとても良い食材です。さらにコク出しの油揚げを加えて、バランスのいい味噌汁に仕上げました。

 

今回は赤味噌と白こし味噌の合わせ味噌で、ぐっと美味しさを引き立てています。

熟成された赤味噌、「長期熟成信州赤味噌」と、白こし味噌の「白こがね味噌」を合わせ味噌にしました。

今回は基本の赤味噌と白味噌を2:1で合わせ、色も香りも良く、1種だけでは味わえない味噌になりました。これからも酢重の赤味噌を中心に、合わせ味噌の美味しさをお伝えしていきたいと思います。

 

 

「シラスと菜花の味噌汁」のレシピはこちら>>

 

 

シラスを使ってもう一品「シラスと塩糀のポテトピザ」

シラスと塩糀のポテトピザ

シラスの旨味と塩糀の旨味を合わせ、さらにチーズをプラスして免疫力UPのピザはとてもおすすめです。

 

じゃがいもを使ったピザ生地はへルシーで簡単。美味しいだけではなく、今だからこそ必要とされている発酵食材を使っています。

最後に大葉をのせることで香りとフレッシュさが感じられるポテトピザは、お食事、おつまみにはもちろん、お子様にも喜んでいただけると思います。

 

お好みでホットソースをかけるのもおすすめです。

 

 

「シラスと塩糀のポテトピザ」のレシピはこちら>>

 

【味噌の日】オリジナルレシピのまとめはこちら>>