【味噌の日】鮭の胡麻粕汁

2020.11.30

毎月30日は「味噌の日」です。

三十日が【みそか】と読まれることから、全国味噌工業協同組合連合会が毎月30日を「味噌の日」と定めました。酢重正之商店では、旬の食材を使った味噌汁を毎月30日にご紹介しています。

 

 

 

鮭の胡麻粕汁

 

今年も年末を迎え本格的な寒さが身にしむ日こそ、体の芯まで温まる「鮭の胡麻粕汁」をおすすめいたします。

 

冬の行事や炊き出しなどで振舞われることの多い粕汁は、鮭やブリのアラと身に、根菜類、油揚げ、キノコ、ネギなどが使われます。酒粕には豊富な栄養がある他、体を温める効果があるため、地方によっては冬の定番汁物として食卓に上ります。

酒粕は芳醇な香りが特徴ですが、苦手な方も多いようなので、今回は酢重の「胡麻ペースト」を加えて飲みやすい粕汁をご提案いたします。

「胡麻ペースト」の味、香りが酒粕とよく合う、なめらかなで具沢山な和風シチューの味わいをお楽しみください。

「白こがね味噌」は、酢重の中でも粒の無い白こし味噌です。生クリームや牛乳と合わせてやさしい味のスープや味噌グラタン、味噌鍋など、冬ならでは料理にもぜひお使いください。

 

「鮭の胡麻粕汁」のレシピはこちら>>

 

 

 

胡麻くるみそば

 

「胡麻ペースト」を使ってもう一品。

年越しそばを、いつもの年と違ったつけ汁で新年をお迎えしませんか?
酢重の「万能めんつゆ」「くるみ味噌」を加えた、コクのあるそばつゆです。

残ったつけ汁にそば湯を注ぐと、一層くるみの香りが立って最後まで美味しくいただけます。

 

「胡麻くるみそば」のレシピはこちら>>

 

【味噌の日】オリジナル味噌汁レシピのまとめはこちら>>