【味噌の日】寒い日にほっこり温まる「芋のこ汁」と「味噌グラタン」

2021.10.27

毎月30日は「味噌の日」です。

三十日が【みそか】と読まれることから、全国味噌工業協同組合連合会が毎月30日を「味噌の日」と定めました。

酢重正之商店では、レシピ開発担当の女将が、旬の食材を使った味噌汁を毎月30日にご紹介しています。

 

寒い日にほっこり温まる「芋のこ汁」

 

芋のこ汁

 

秋の実りの行事の一つを味噌汁に仕立てた「芋のこ汁」をご紹介いたします。

 

芋の子とは里芋のことで、汁料理、鍋料理として東北地方をはじめ、各地域の郷土料理として食べられています。味付けは塩、醤油、味噌と、地域や家庭で伝わり方も異なりますが、今回は秋田県で多く使われている食材で、酢重の味噌を使いました。

出汁は使わず、食材の旨味と味噌の風味が引き立つ味わいです。ご家庭にある食材をプラスして、大鍋でたくさん作るのもいいですね。

体を温めたい寒い日など、旬の郷土料理をお楽しみください。

 

「信州田舎味噌」は中辛口の味噌ですが、塩味のとがりがほとんどない、糀の甘みが感じられる味噌です。また、クセのないお味ですので、和食、洋食、中華料理の味付けにもご利用いただけます。

 

「芋のこ汁」のレシピはこちら>>

 

 

里芋を使ってもう一品「里芋と鶏肉のアボカド味噌グラタン」

 

里芋と鶏肉のアボカド味噌グラタン

 

芋の粘りを利用した小麦粉を使わないグラタンですので、重くなく、さくさくといただけるヘルシーグラタンです。

里芋を「酢重だし 濃口」で煮て、ペースト状にしてから作る「里芋味噌クリームソース」は、具材の鶏肉、舞茸、アボカドともよく合う、和と洋を融合させた深みとコクのあるソースです。

ご飯の上にのせて、ドリア風にしても美味しいです。

 

「里芋と鶏肉のアボカド味噌グラタン」のレシピはこちら>>

 

【味噌の日】オリジナルレシピのまとめはこちら>>