【味噌の日】関西風お雑煮

2019.11.29

毎月30日は「味噌の日」です。

三十日が【みそか】と読まれることから、全国味噌工業協同組合連合会が毎月30日を「味噌の日」と定めました。酢重正之商店では、旬の食材を使った味噌汁を毎月30日にご紹介しています。

 

 

 

お雑煮

 

今月は、「白こがね味噌」を使って、関西風のお雑煮をご紹介いたします。

 

新年にいただくお雑煮を、酢重の白こし味噌、「白こがね味噌」で上品に仕上げました。

 

「酢重だし」で引いたお出汁に、れんこんや京にんじんなど紅白の根菜、「円満・丸くおさめる」を意味する縁起の良い丸餅を入れ、白味噌で味付けをするのが関西風です。あっさりしているようで、しっかりとコクがあり、三つ葉やゆずの華やかな香りの効いた、飽きのこない美味しさです。

 

やわらかい口当たりと、まろやかな風味が特徴の「白こがね味噌」を使って、お正月だけでなく、晴れやかな日にもおすすめです。

 

「関西風お雑煮」のレシピはこちら>>

 

 

 

ひっぱり餅

 

残ったお餅でもう一品。

ご家族やご友人などのお集まりに、ぜひ作っていただきたい「2種のチーズのせ ひっぱり餅」です。皆でお餅を引っ張りながら食べるので、子供から大人まで楽しめます。食事にもおつまみにもなる人気メニューです。

 

「2種のチーズのせ ひっぱり餅」のレシピはこちら>>