【味噌の日】カボチャとシメジの豚汁

2020.09.30

毎月30日は「味噌の日」です。

三十日が【みそか】と読まれることから、全国味噌工業協同組合連合会が毎月30日を「味噌の日」と定めました。酢重正之商店では、旬の食材を使った味噌汁を毎月30日にご紹介しています。

 

 

 

カボチャとシメジの豚汁

 

秋の旬素材で、食欲の秋らしいボリュームのある「カボチャとシメジの豚汁」をご紹介いたします。

 

10月~12月が旬のカボチャはビタミンが豊富で、特に東洋医学の観点では胃腸と体を温める「温」の食材です。冷え性の改善と共に疲労回復に役立ちます。

油との相性も良く、肉や魚と一緒に取ることでカボチャのビタミンCが鉄分の吸収を上げ、相乗効果が期待できます。

シメジもビタミン、食物繊維他、栄養がたっぷり含まれていますが、デトックス効果がある不溶性の食物繊維なので、夏に詰まった体内の毒素を排出してくれます。

「カボチャとシメジの豚汁」はご飯にかけても美味しくいただけます。カボチャをつぶしながらお召し上がりください。

 

長期熟成信州赤味噌」は3年間熟成させた赤味噌ですが、根菜やキノコから出る甘みでまろやかな赤味噌汁になります。秋から冬の食材にとても合うお味噌ですので、ぜひお試しください。

 

 

「カボチャとシメジの豚汁」のレシピはこちら>>

 

 

 

豚肉の薬膳醤油焼き 香味野菜添え

 

薄切りバラ肉を使ってもう一品。

「万能香味醤油」に薬膳をプラスして、食欲がわく、身体にいい醤油を作りました。
下味を付けなくても、薬膳とみりんを合わせたタレだけで美味しい料理になります。

お好きな香味野菜を巻いてお召し上がりください。
ご飯にお酒のお供に、またお弁当のおかずにもどうぞ。

 

「豚肉の薬膳醤油焼き 香味野菜添え」のレシピはこちら>>

 

【味噌の日】オリジナル味噌汁レシピのまとめはこちら>>