【味噌の日】エノキと三つ葉のかき玉味噌汁

2020.10.30

毎月30日は「味噌の日」です。

三十日が【みそか】と読まれることから、全国味噌工業協同組合連合会が毎月30日を「味噌の日」と定めました。酢重正之商店では、旬の食材を使った味噌汁を毎月30日にご紹介しています。

 

 

 

エノキと三つ葉のかき玉味噌汁

 

寒い日が続く季節になりました。生姜の効いた味噌汁で体を温めていただけるよう「エノキと三つ葉のかき玉味噌汁」をご紹介いたします。

お蕎麦屋さんのメニューに、かき玉そばがあります。あんかけにすることで冷めにくく、さらに温め効果絶大のおろし生姜をキリッと効かせ、体の芯から温まります。

冬ならではのかき玉を食卓でもお出しできればと、手に入りやすい食材でご提案いたしました。
食感のいいエノキダケと、卵との相性がとても良い三つ葉で香りも立てました。

なるべく味噌の香りを残すよう、とろみが付いたらすぐに火を止めるのが美味しく仕上がるコツです。

 

十二割糀味噌」は、酢重の味噌の中でも糀が多い甘口の味噌です。やさしい味になる、かき玉やとろみを付けない溶き卵の味噌汁の他、とろろの味噌汁、大根やカブ、カボチャを使った味噌汁にもよく合います。

 

「エノキと三つ葉のかき玉味噌汁」のレシピはこちら>>

 

 

 

あんかけカニ玉

 

卵を使ってもう一品。

 

卵料理の中でもカニ玉は人気の高いメニューです。

カニ玉にかけるあんかけは、「酢重だし 濃口」を使って銀餡(ギンアン)風に。
長ねぎとカニかまぼこの旨みで、味付けは塩だけでも十分に美味しいカニ玉です。

熱々のご飯にのせて天津飯にするのもおすすめです。

 

「あんかけカニ玉」のレシピはこちら>>

 

【味噌の日】オリジナル味噌汁レシピのまとめはこちら>>