【味噌の日】旬の味覚を味わえる「焼き秋刀魚の味噌汁」

2021.09.25

毎月30日は「味噌の日」です。

三十日が【みそか】と読まれることから、全国味噌工業協同組合連合会が毎月30日を「味噌の日」と定めました。

酢重正之商店では、レシピ開発担当の女将が、旬の食材を使った味噌汁を毎月30日にご紹介しています。

 

旬の味覚を味わえる「焼き秋刀魚の味噌汁」

 

焼き秋刀魚の味噌汁

 

秋の味覚、秋刀魚とたっぷりの野菜を合わせた「焼き秋刀魚の味噌汁」をご紹介いたします。

 

秋刀魚の味噌汁といえばつみれ汁が一般的ですが、香ばしく焼くことで身が締まり、香りのよい、ふた味違った味噌汁です。

根菜と旬のキノコ、香味野菜との相性もよく、すだちの香りが美味しさを引き立てます。

 

残ったサンマのお刺身、塩焼きを、翌日に炙り直してもお使いいただけます。

たっぷりの野菜と一緒に、すだちを添えるのはとてもおすすめです。

 

「手作り田舎味噌」は、糀の多い甘口味噌です。まろやかな味噌なので、肉、魚でもやさしい仕上がりになります。

これからの季節、豆乳または牛乳と合わせた味噌シチュー、マヨネーズと合わせて鶏肉、白身魚などに塗った、味噌マヨのホイル焼きも美味しくいただけます。

 

「焼き秋刀魚の味噌汁」のレシピはこちら>>

 

 

秋刀魚を使ってもう一品「秋刀魚の揚げ団子 生姜餡かけ」

 

秋刀魚の揚げ団子 生姜餡かけ

 

粗く叩いた秋刀魚に、旨みのある「ねぎ味噌」、食感のレンコン、大葉の香りで包み込み、大和芋でふわふわなつみれ団子に仕上げました。

色良く揚げて、生姜餡をよく絡ませてお召し上がりください。

揚げ団子は、スープの具材、お弁当にもおすすめです。

 

「秋刀魚の揚げ団子 生姜餡かけ」のレシピはこちら>>

 

【味噌の日】オリジナルレシピのまとめはこちら>>