【味噌の日】夏バテ解消「アボカドときゅうりの冷や汁」

2022.08.30

毎月30日は「味噌の日」です。

三十日が【みそか】と読まれることから、全国味噌工業協同組合連合会が毎月30日を「味噌の日」と定めました。

酢重正之商店では、レシピ開発担当の女将が、旬の食材を使った味噌汁を毎月30日にご紹介しています。

 

合わせ味噌で作る「アボカドときゅうりの冷や汁」

アボカドときゅうりの冷や汁

和と洋を組み合わせた、さらっと食べやすい「アボカドときゅうりの冷や汁」をご紹介いたします。

 

スーパーフードと呼ばれているアボカドと、むくみ取り、利尿作用が高いきゅうりで猛暑で疲れた体をリセット!

アボカドの濃厚な味わいと、きゅうりの食感、大葉の爽やかさは秋のいい日よりによく合います。オリーブオイルと白ごま、ピリッと黒胡椒の風味が冷たい味噌汁の名わき役。

意外な美味しさをお楽しみください。

ご飯の朝食だけでなく、シリアルやパンと一緒に洋朝食にもおすすめします。

 

少し酸味のある「長期熟成信州赤味噌」と、どんな料理にもオールマイティに使える「信州田舎味噌」を合わせたら、やはり美味しい冷や汁になりました。全国には様々な種類の冷や汁があります。ぜひこちらの合わせ味噌でお試しください。

 

「アボカドときゅうりの冷や汁」のレシピはこちら>>

 

 

きゅうりを使ってもう一品「きゅうりとセロリのエスニックマリネ」

きゅうりとセロリのエスニックマリネ

酢重の「すし酢」と「酢重薄口醤油」を使いスパイスを効かせました。

簡単に作れますので、たくさん作って常備菜にお役立てください。

 

また、漬けたマリネ液も利用して、きゅうりとセロリを刻んでサラダ寿司に。

水と割って塩で調節したマリネ液で鶏手羽元やスペアリブを煮込むと、お酢効果でお肉がやわらかくなり、スパイスの香りも相まって美味しい煮込み料理になります。

 

「きゅうりとセロリのエスニックマリネ」のレシピはこちら>>

 

【味噌の日】オリジナルレシピのまとめはこちら>>