【味噌の日】夏におすすめ!「かぼちゃの冷たい味噌汁」

2022.07.26

毎月30日は「味噌の日」です。

三十日が【みそか】と読まれることから、全国味噌工業協同組合連合会が毎月30日を「味噌の日」と定めました。

酢重正之商店では、レシピ開発担当の女将が、旬の食材を使った味噌汁を毎月30日にご紹介しています。

 

合わせ味噌で作る「かぼちゃの冷たい味噌汁」

冷たいかぼちゃの味噌汁

夏におすすめ!喉ごしのいい「かぼちゃの冷たいの味噌汁」をご紹介いたします。

かぼちゃは煮物、揚げ物、焼き物、サラダ、デザートと幅広く料理できるだけでなく、種からはパンプキンシードオイル、ナッツとしても扱われている万能野菜です。

栄養価が野菜の中でも最高レベルで高いため、世界中でかぼちゃを使った料理が多くあります。日本でもかぼちゃを食べると風邪をひかないといわれているところから、冬至にはゆず湯に入り「冬至かぼちゃ」を食べるのが昔からの風習です。

暑い夏こそ食べておきたいかぼちゃを、出汁を効かせ、さらっと飲める味噌汁に仕立てました。冷たく冷やしたかぼちゃの味噌汁は、暑い日にいつでも飲めるよう常備しておくのもおすすめです。

 

時間をかけて熟成されたコクのある「二年熟成味噌」と、低温でしっかり熟成された「甘糀味噌」を合わせたことで、かぼちゃの甘みがまろやかになりました。決して甘すぎない程よい味です。さつまいもやとうもろこしを使った味噌汁でもお試しいただきたい合わせ味噌です。

 

「かぼちゃの冷たい味噌汁」のレシピはこちら>>

 

 

かぼちゃを使ってもう一品「かぼちゃとゴルゴンゾーラのコロッケ」

かぼちゃとゴルゴンゾーラのコロッケ

ゴルゴンゾーラの風味と「甘糀味噌」を合わせた、ちょっと大人のコロッケです。

かぼちゃは塩との相性がいいので、塩をかけてお召し上がりください。

ご飯にも合いますが、パンとのセットもおすすめです。お酒にもとても合いますので、晩酌のおつまみに、ぜひお役立てください。

かぼちゃとゴルゴンゾーラのコロッケ断面

お子様やゴルゴンゾーラが苦手な方は、とろけるチーズやスライスチーズ、プロセスチーズ等で代用できます。お好きなソースや調味料をかけてお試しください。

 

「かぼちゃとゴルゴンゾーラのコロッケ」のレシピはこちら>>

 

【味噌の日】オリジナルレシピのまとめはこちら>>