【味噌の日】合わせ味噌で楽しむ鉄砲汁

2022.12.30

毎月30日は「味噌の日」です。

三十日が【みそか】と読まれることから、全国味噌工業協同組合連合会が毎月30日を「味噌の日」と定めました。

酢重正之商店では、レシピ開発担当の女将が、旬の食材を使った味噌汁を毎月30日にご紹介しています。

 

合わせ味噌で作る「鉄砲汁」

鉄砲汁

お正月はお節料理と一緒にカニを食べるご家庭も多いのではないでしょうか?

お好みのカニを使った北海道の郷土料理「鉄砲汁」をご紹介いたします。

 

鉄砲汁は北海道 道東発祥で、元は花咲ガニの脚を食べる様子が鉄砲に弾を詰める動作、または掃除をしているように見えることが由来だそうです。

北海道ではカニを入れる味噌汁のことを鉄砲汁といい、食べ終えたカニ殻をたっぷり入れ、カニから出る旨味出汁にお好みの野菜を加えて味噌で味付ければ、美味しい鉄砲汁が出来上がり。現在は冷凍したカニを使って通年で食べられています。

お正月に余りがちな大根、人参などの根菜と、白菜、長ねぎなどを加えた鉄砲汁のお雑煮もおすすめです。ちょっと贅沢ですが、最高に美味です。

 

大甘口の「吟醸味噌」と、クセのない中辛口の「信州田舎味噌」の合わせは、甘味のある冬野菜ともよく合います。冬の根菜と旬の芋類を入れた白菜チゲ、冬野菜のあんかけみそ炒めなど、寒い時期こそ美味しい食材で、合わせ味噌料理をお試しください。

 

「鉄砲汁」のレシピはこちら>>

 

 

カニを使ってもう一品「カニの土佐酢かけ」

カニの土佐酢かけ

お節料理の箸休めに「土佐酢」でさっぱりといただけるカニ料理はいかがでしょう。

 

酢重オリジナル、かつお出汁と醤油に程よい酸味が合わさった、バランスのいい「土佐酢」です。

きゅうりとわかめに「土佐酢」を回しかけ、カニの旨味を乗せて生姜と「ゆず味噌」をアクセントに添えました。

カニ酢としてもお使いいただける「土佐酢」の美味しさを、ぜひこの機会に味わってみてください。

 

「カニの土佐酢かけ」のレシピはこちら>>

 

【味噌の日】オリジナルレシピのまとめはこちら>>